オリスタ 舞祭組 夢はカバーアルバム!「ガムシャラ」のその先へ


オリスタ 舞祭組 夢はカバーアルバム!「ガムシャラ」のその先へ

utage002

誰もが面白いと言う。ビビッドだと褒めそやかしている。

でも舞祭組4人の見つめる現実は、もっとシビアなものでした。


キスマイファンの皆さんのお手元には、すでに届いていると思われる雑誌。

『オリスタ』6/9号。

orista001

 

特集は「SMAP 中居正広 UTAGE」からの、

舞祭組の活躍を受けてのインタビュー記事。

その内容は、私たちが満足している

「テレビに出ている舞祭組」

という現状に対し、

舞祭組が思った以上に満足していないことが浮き彫りになったものでした。

「歌番組として恵まれたポジション。

中居さんという先輩がいて、レギュラーで、誰もが知っている曲を歌える」

取り様に寄っては皮肉気にも聞こえかねない、

そんなインタビュアーの質問に対し、舞祭組は・・・

y008

横尾渉くん 「中居さんの存在が大きい。ハモタイムを続けていれば武器になるからって。そんなチャンスをいただきながら、僕らはことごとく失敗している。

ウケればいい、のではなく、

「失敗は失敗」と認め、正面から悔やんでいました。

横尾渉くん 「もう打ち切られても仕方がないとも思うんですけど。可能性に期待してくださっていて、それで今の僕らがある。」

横尾くんが舞祭組の歌唱力の足をひっぱっているのは周知の事実ですが、

本人がそのことを深く自覚した先に、

このチャンスを使って歌唱力と舞台度胸を向上させようという、

図々しいまでのハングリー精神が育っていたのです。

s005

さらに、千賀くんは畳み掛けました。

千賀健永くん 「僕らも一応音楽に携わっているので、

ただ一生懸命だけじゃ意味はないんです。」

一生懸命にガムシャラに。それが舞祭組の寄って立つところでした。

ところが千賀くんは「それだけじゃ意味はない」と切り捨てたのです

そして、「ふがいない自分たちで申し訳ない」と謝罪しました。

busai002

彼らはすでに、

中居正広さんが作り上げた「舞祭組」というシェルターから

飛び出そうとしているのかもしれません。

インタビューの途中で打ち明けた、横尾さんの夢。それは・・・

「舞祭組で、カバーアルバムを出すこと。」

utage001

それはもはや、夢ではなく野心とも言えるビックマウスではないでしょうか。

中居さんに救ってもらわなければ消えてしまいそうだった後ろの4人は、

いつの間にか中居さんを利用し、UTAGEを喰い散らかし

大望を抱いて飛び立とうとする成鳥になろうとしてるのかもしれません。

今夜は月曜日。

2週間ぶりの『UTAGE!』のオンエアです。

彼らの加速する進化を、ぜひリアルタイムでチェックしましょう!

コメントを残す