舞祭組 Mステ 棚ぼた観覧の踊りと中居さんの顔が凄すぎた件


舞祭組 Mステ 棚ぼた観覧の踊りと中居さんの顔が凄すぎた件

ms020

今夜の『MUSIC STATION』にて舞祭組の新曲初披露!

その前に、去年の12月に行われたファンと一体の『Mステ棚ぼた』レポをどうぞ。


『MUSIC STATION』のスタジオを揺るがせた、ファン一体型パフォーマンス

舞祭組 『棚からぼたもち』

スタート!

ms001

 

「ぶっさっいくっ ぶさいくっ」

舞祭組とファンが、一糸乱れず踊りだした、「棚ぼた」。

視聴者からすれば

ms002

「お、やってるな?舞祭組好きなんだなぁ。」

というのんきな感想を抱けたのは、この瞬間まででした。

ms003

『オレッ!』

え・・・手が伸びてる?声出てる・・・?

ms004

棚ぼたファンファーレとともに・・・

応援していると思っていたファンが・・・一礼、した?

見間違えですよね?そんな応援ですよね?

ms005

敬礼?!

端から端まで、一糸乱れず皆で、敬礼?!

違う、この人たち・・・ファンじゃない、ダンサーだ!

・・・この瞬間、『Mステ舞祭組ステージ』は、記録への挑戦に変わりました。

ms006

『B.U.S.A.I.K.U!』

ステージが勝つか、ファンが勝つか。

どれだけ振り付けが頭に入っているか、

この3分に全てをかけた戦いです、これは!

ms007

「ない!」『ない!』「ない!」『ない!』

千賀くん、押されてる!ファン、ひとりも振り間違ってない、凄いです!

ms008

在りし日の藤ヶ谷くんも、会場の熱気と揺れにガタガタ揺れてます。

ms009

「おまえたち、がんばれ。」 優しい目をして見守ってくれる、北山くん。

ms010

23歳だったころの玉森くん、グラグラ揺れています。

会場もカメラも大地震状態。

ms011

そんな前の3人の優しい写真に見守られながら、

舞祭組、ファン、両者、息を切らせながら、ふかぶかと一礼。

一瞬の休戦を経て・・・

ms012

横尾くんが歌うときは、とにかく「キャー!!!」」です。

絶え間ないキャーとともに、横尾ソロステージ。

ms013

『でも俺らいないと』の部分は、

「きゃー!」の音量はちょっと下げてください。

ms014

「ガヤ!キタ!タマタマタマタマ!」

ファンも舞祭組も、全くズレない、乱れない!なんというクオリティ!

ms015

視聴者 (・・・ザワッ)

ms016

・・・ドッ。

考えられない量の紙ふぶきが、なだれのように「ドッ」と落ちてきました。

ダメ・・・逃げて・・・

息が切れてるはずのファンのお客さんしんじゃう!

ms017

 

ぶわ~~~!!

大変です!

考えられない量の紙ふぶきが、

ただいま口を開けて応援しているファンの皆さんの顔面に、

扇風機の風とともに、どんどん浴びせかけられています!

コレは息ができない、反則です、卑怯だ、Mステ!

・・・え、これは目を疑います。

ms018

口に紙ふぶきが入り、息が詰まっても、

心が折れているファンがひとりもいない!

むしろ一歩前に出て、パフォーマンスを続けているのです!

ms019

なんという感動。

なんという、舞祭組とファンの、一身同体の愛情の勝利。

こんな感動の場を用意してくれた、

中居正広さんにどんなに感謝しても言葉が足りない・・・

中居さんに感謝をって・・・

ms020

???!???!!!???

え?なんか、ごめんなさい?!??!

今夜のMステ

『てぃーてぃーてぃーてれって てれてぃてぃてぃ 〜だれのケツ』は、

中居さん喜んでくれるかな?

2件のコメント

  • キスマイコ

    舞祭組『てぃーてぃーてぃーてれって てれてぃてぃてぃ 〜だれのケツ』でしたね。
    先ほどは正しい曲名に辿り着けませんでした。w失礼しました。

    今夜はひと波乱起こりそうですか?
    管理人さんのコメントにお腹を抱えて大笑いしてしまいました。
    ギャグセンスも素敵ですね!v(^O^)v

    • りーさん(キスマイなう!管理人)

      キスマイコさん、こんばんは!
      コメントありがとうございます!

      舞祭組『てぃーてぃーてぃーてれって てれてぃてぃてぃ 〜だれのケツ』、賛否両論わきおこっておりますが、本サイトは「これは、OKです、アリです!」という方向で行こうという覚悟ができました。

      『棚ぼた』レポ、大丈夫でしたか?キスマイコさんがウケてくださったなら、がんばってレポした甲斐があるというものです、よかった!
      天井から、ありえない量の紙ふぶきが、かたまったままドサッて落ちてきた瞬間が、まさにハイライトでしたね。
      舞祭組の『棚ぼた』も、そうとう振り切ったな、という気配があったのですが、『てぃーてぃーてぃ』は、もはや奇想天外の域に達しているので、また後ほど心してレポしたいと思っております。
      またコメント、お待ちしております。

コメントを残す