キスマイジャーニー 作曲家☆市川喜康、CHOKKAKU、キマグレンetc


キスマイジャーニー 作曲家☆市川喜康、CHOKKAKU、キマグレンetc

poch002

明日発売のKis-My-Ft2、3rdアルバム『Kis-My-Journey』

市川喜康、CHOKKAKU、キマグレン、中居正広・・・多彩な作曲陣!


Kis-My-Ft2、3rdアルバム『Kis-My-Journey』のフライングゲット報告が続々。

poch001

poch002

 

その中でも注目したいのが、

「市川喜康 マシコタツロウ ha-j」の組み合わせによる作曲が2曲

365

『3.6.5 』『ツバサ』

この超強力タッグで思い出すのは、シングル『キミとのキセキ』ですね。

kmjph002

この『3.6.5 』『ツバサ』は、その続編となるポジションなのでしょうか?

『Kis-My-Journey』 作詞作曲編曲一覧

01.“3rd” Overtune 作曲 編曲 Jazzin’park

02.Seven Journey 作詞:KUREI 作曲:ISEKI 編曲:GIRA MUNDO

03.3.6.5  作詞:Kenn Kato 作曲:市川喜康 マシコタツロウ ha-j 編曲

04.Striker 作詞:JUN 作曲編曲:Tommy Clint

05.ダイスキデス作詞作曲編曲:Jazzin’park

06.FORM 作詞作曲:HusiQ.K 編曲:KASUMI/SOU(COZMIC CODE)

07.LU4E~Last Song~ 作詞:藤ヶ谷太輔 作曲:mr.cho/Lawrence Lee/Kim Tesung 編曲:鈴木雅也

08.Only One... 作詞:玉森裕太/ケリー 作曲:DAICHI/Carlos Okabe 編曲:陶山隼

09.FIRE!!! 作詞:HusiQ.K/T.Fxxx 作曲:CHOKKAKU/SYB/IGGY 編曲:CHOKKAKU

10.棚からぼたもち 作詞・作曲・編曲:なかいさん/宮下兄弟

11.ツバサ 作詞・作曲・編曲:市川喜康 マシコタツロウ ha-j

12.光のシグナル 作詞:せんせい(東京カランコロン)作曲:中谷あつこ 編曲:鈴木雅也

13.僕らの約束 作詞:ワタナベハジメ 作曲:xyz 編曲:中尾昌史

kmjph001

玉森くんと藤ヶ谷くんは、K-POPの新進気鋭作曲家とタッグを組んで、

メロディアスなソロ曲を仕上げました。

藤ヶ谷くんと北山くんによる「FIRE!!!」は、

「We never give up!」「WANNA BEEEE!!!」を作り、

SMAPやKinki Kidsなどの数々の誰もが知る名曲を多数世に生み出した

CHOKKAKUさんによるもの。

そして、キスマイの音色といえば、Jazzin’parkの哀愁漂うバラードですよね。

まだ購入を迷っている方いたら、文句なしの名盤ですよ!ぜひ!

迷っている方はこちらですよ^^
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
★楽天CD/DVD Kis-My-Journey★

1件のコメント

  • キスマイコ

    りーさん、こんにちは

    手元に届いたアルバムの充実感に浸っておりました。
    錚々たる有名作曲家さんたちの名前に、如何にkis-my-ft2が愛されているかが感じ入られるアルバムですね!

    特に、前の三人にはソロの作詞もさせてもらえて幸せこの上ない限りです。
    それぞれの個性が生きていて、大人への背伸びが感じられる藤北の表現力の素晴らしさ。
    純粋な玉森君の歌詞の特徴が顕れた透き通った純愛ストーリーに感動です。

    後ろの4人と言われています舞祭組は、レコーディング風景を見ますと、う~ん確かにまだ後ろから前へは…というのが第3者の正直な感想で(友人たちでキスマイファンではない人達)確かに厳しく言えば、もう少しの修行も必要かもしれません。
    ただし、彼らの路線が決まった以上泣き言は言っていられませんね。
    3枚目でも良いんです。
    3枚目が良いんです。
    彼らの良さはそうでないと分かってもらえないところに来ましたから。

    さて、今回のアルバムではPVが目玉でしたね。
    なかなかの出来栄えですよね。スタイリッシュで斬新。

    昔からのファンの中でも実はデビュー前のイメージ(チョイ悪ホスト系)には戻ってほしくない人は多いですし、玉森君がキスマイGを最初は好きになれなかった理由の一つでもありますし、これからは万人受けする爽やかなG(嵐さんのような)を目指して欲しいです!個人的には。

    長くなりました。玉森君が好きな黒髪真面目スタイルに戻せるのはいつになるか…しかし色々なスタイルに挑戦しつつも、内面は変わらず地のままの好青年を貫いて欲しいと思っています。

コメントを残す