キスマイ名古屋ドームスタート!玉森裕太『Only one…』


キスマイ名古屋ドームスタート!玉森裕太『Only one…』

t026

いよいよ『Kis-My-Journey』ライブがスタートしました。

玉森裕太くんの『Only one…』の世界を旅しましょう。


『君の中に今 どんな顔した僕がいるのかは知らないけど』

『いつも君の事だけを考えているよ』

t024

玉森裕太くん初作詞のソロ曲『Only one…』の一節です。

キスマイにおいて、サクセスストーリーの担い手として

センターをつとめる玉森裕太くん。

「エース玉森」

とメンバーから称されるほど、

彼はここぞというところで失敗しない、「持っている男」。

キスマイ004

しかし、彼の内面を赤裸々に語った『Only One…』の歌詞の世界にいたのは、

自分のサクセスストーリーでも、周囲からの賛美へのアンサーでもなく、

ただ、ひたすら、彼とファン。

それだけでした。

t012

『あの日水面に星は降っていて青い月が綺麗で』

『先の見えない 未来さえも優しく照らした』

この歌詞を読んで、思い出したのは、『Snowdomeの約束 in 東京ドーム』の風景。

『SURVIVOR』でのソロパフォーマンス、

tamamori001

そして『Snowdomeの約束』のパフォーマンス中、

玉森くんがステージの上から眺めていただろう、

ファンひとりひとりがかざしたライトの光をイメージしました。

先の見えない未来を照らす、ファンの星の光。

t020

今回の『Kis-My-Journey』のライブパンフレットで、玉森くんは語りました。

『ファンあっての自分』

ライブに来ることは、一大行事。

働いてお金を貯めて、チケットを取って、

並んでライブグッズを買って、それを持って応援してくれる。

とっておきのオシャレをして。

『みんなのこと愛おしい、かわいい、ありがとう。』

t005

『Only one…』の歌詞の世界では、

『君からもらった本を開いて 会えない時間も同じ世界を繋ぐ』

本は、ファンからもらった手紙の束なのでしょうか?

皆さんからもらった「本」を

『何度目だろうか 君を重ねて』

くりかえし何度も読む玉森くんの姿が浮かびますね。

t009

『色褪せない これからも 全てが宝物』

ファンとの出会いを大切にし、育てていこうとする玉森くん。

yonimo001

今日のライブで披露される『Only one…』の世界で、

彼は「玉森裕太」から生まれた言葉を初めてファンに歌います。

5件のコメント

  • キスマイコ

    りーさん、こんばんは
    待ってましたー!w
    我らが玉森君のソロ!どれだけ待っていたか…玉森君のファンならきっとこの待ち遠しさを共感してくれるはずです!

    『Only one…』一言では言い表せない言葉のマジック。
    そういえば、リーさんの言われた『ファンあっての僕たちkis-my-ft2だということをヒシヒシ感じている』これは、去年の舞台が始まる前に、ファンに向けて玉森君が言った貴重なコメントですね!

    つまり、舞台も仕事に関しても、ことさらコンサートに関しても、ファンの事を大事に思っていて責任感全開の玉森くんだったのです!
    あの大事な舞台は、相当な気の引き締めようで臨んでいたそうです!

    ですから、勝手に低俗業界誌の面目(めんぼく)を立てるだけの事情で出された捏造やデマなどが、どれだけ彼のプロ根性を傷つけたことでしょうか…。
    当時どれだけ『肋骨の大怪我』のことを言ってしまって、卑劣な誤解を解きたかったか知れないでしょうね…。

    しかしそれはファンに、体と舞台継続を心配させ不安にさせることに…。
    だから怪我事情を極秘に…。泣きましたね。健気にファンを気遣っていたなんて。
    尋常じゃない痛みを圧して(本人談5日の直前リハで事故に遭ったそうですね)臨んだプロ根性の塊の玉森君の舞台に涙が出たのは、私だけではないでしょう。
    そうです。キスマイファン誰もが悔しく辛く、しかしその陰で彼のプロ意識の高さを見直した瞬間でしたね!
    私達だけは分かっていたよと言ってあげたいですね!

    しかし去年の痛みを越えて、今年の彼はまた成長を遂げました!
    そうです。何事も晴れやかに自分らしさを貫くことが全ての真実を語ることだと気付いたのでしょうか。(昔から見ていると、彼は嘘も隠し事もルール違反も、ましてファンを悲しませることも大キライですから、ファンに対しては正直な気持ちを表現することでしょう)どんどん彼は躊躇わず「理想の彼女像」を押し出して行くでしょうね!それは、彼を理解しない誤解だらけの世界に向けても…。w

    そして、ファンの子達が少しでも彼の理想に近づける努力が出来る良い機会ですね。そんな純真なファンが増えるのは嬉しいことです。

  • キスマイコ

    続けて失礼します。
    実は今、拝見していて。
    記事が凄いviewers数になっていますね!
    流石ですね!
    りーさんのブログは、とても読者側に立った親切で更に中立的なもので、読んでいて心地良さを感じるブログだからだと思います!

    ブログランキング一位独占状態も、それを物語っていますね。
    情報も早くて、主観より客観性に富んでいらして、こんなに優れたブロガーさんはなかなかいらっしゃいません。お世辞ではありません。W

    以前も申し上げましたが、噂や一部の低俗雑誌の作り上げた情報などには決して振り回されず、ご自分の目で正しいと思われる情報とkis-my-ft2への盲目過ぎない客観的な愛情が素晴らしくて、りーさんのブログに出会わせていただいたことに感謝したい気持ちです。
    どうぞお忙しいとは思いますが、引き続き楽しく軽快なキスマイ情報を私たちに届けてくださいませ!
    また、感想などコメントするといつも長文になってしまい申し訳ありません…。

    • りーさん(キスマイなう!管理人)

      キスマイコさんこんにちは!
      いつもコメントありがとうございます。
      ランキングやview数、チェックしてくださって嬉しいです。
      私自身、「もしかしたらカウンタ壊れた・・・?」とびくびくしつつ、とりあえず気付かなかったことにして平常運転をしていこうと思っています。
      毎日頑張ってるキスマイコさんやみなさんが、キスマイ話でちょっと笑って、ほっこり息抜きして、一日を過ごせるような、のんびりしたサイトを今後も目指していきたいです。
      過分なお褒めのお言葉、恐縮です!
      「ちゃんとがんばって、一緒に理想の自分を一歩一歩楽しく目指して行こう!」
      という、私の好きなキスマイのスタンスを、遊びに来てくださる皆さんと一緒に味わえれれば最高です!
      またコメントお待ちしております。

  • キスマイコ

    名古屋ドーム、良かったみたいですね~!
    再びこちらに、こんにちは!

    玉森君がブルーのパジャマ姿で生着替えにフライング、相当カッコ良かったと聞きました!
    「Only One…」ファン達のために星を降らせたのは、りーさんの書かれて通りですが、それはそれは妖艶で大人の男だったらしいですね。

    「見たさ」が込み上げてきます。
    若干24歳の爽やかな色気とは、30代の男にも10代の少年にも見るとこの出来ない20代半ばの男性特有の爽やかさですね。
    きっといい香りもするんでしょう!w

    玉森君の女性の理想像「清楚で真面目、何でも一生懸命に頑張る人」
    それをお手本にする女性ファンたちが増えたら、益々手の届かない存在になりますね…。

    玉森君の真実の姿は、とっても真面目で誠実。
    16歳のあの初々しい引っ込み思案だったころと基本の真面目さはそのままに、24の大人としてどれだけストイックに努力を重ねたことか…。
    ファンなら涙の出るほどの彼の自分に厳しい試練、必ず全て乗り越えてくれていますね。

    彼なら汚い世界のどんな悪意や陥れも振り払い、プロ意識の塊で、自分らしいストイックさを見せていくでしょう。誰にアピールすることなく…。

    その姿を見れば、誰でもがきっと自分の甘さを恥じる時が来るほどです。
    そういう彼だからこそ、これほど人気が出てきたのでしょうね。w
    自分に厳しい男に間違いは起きない。芸能界の定理にも沿っていますね!

    • りーさん(キスマイなう!管理人)

      キスマイコさん、こんにちは!
      いつもコメントありがとうございます。

      玉森くんの『信長のシェフ2』がスタートして、毎週その演技が観られると思うと、嬉しい限りですね!
      第一話、2時間SPでしたが、全編を通して、24歳の経験を積んだひとりの俳優として、ベテラン実力派の俳優さんたちの間で、しっかりと自分のポジションを確立しているな、と感じることができてよかったです。

      経験というのは、確実に人間を育てるな、と思いました。
      ドラマや舞台での座長経験があるからこそ、どっしりとした佇まいでケンという役にしっかりと命を吹き込むことができるんですね。
      今回のドラマでもしっかりと経験を蓄積して、次なるステージにどんどん昇っていって欲しいです。
      またコメントお待ちしております!

コメントを残す