スマブサ 北山宏光のクジで全てが決まった。MC直訴の真相?


スマブサ 北山宏光のクジで全てが決まった。MC直訴の真相?

smabusa002

SMAPのFNS27時間テレビの早朝コーナーだった『スマップBUSAIKU?!』

「彼のくじびきだったよね」と評された北山宏光のMCとは


FNS27時間テレビ二日目、

7月27日(日)4:30ごろから始まった生放送

『スマップBUSAIKU!?』

smabusa010

生放送当日が新曲発売日だった舞祭組が、いきなり

『てぃーてぃーてぃーてれって てれてぃてぃてぃ ~だれのケツ~』

をライブパフォーマンスしてオープニングを飾りました。

smabusa003

大盛り上がりで曲が終わった瞬間・・・

smabusa011

ひょっこりと現れた北山宏光くん。

『スマップBUSAIKU!?』とタイトルコール!

当然、MCは中居正広さんが受け持つと思い込んでいた視聴者は驚きました。

北山くん「司会は北山です。」

smabusa004

テロップにもはっきりと、「MC」の文字が。

初27時間テレビにて、単独コーナー初司会!

ところが、北山くん。

誰もが察するほど、ガチガチに緊張し、らしくない空回り感が。

smabusa006

中居さん 「北山が仕切ってくれるから助かるわ」

の言葉にも、「緊張してます」と回答するだけで精一杯。

smabusa007

玉森くんもつい、

「がんばれ!」

とガッツポーズでエールを送るものの、舞い上がる一方の北山くん。

「SMAP」という単語すら「スマップス」と噛む始末。

無事、コーナーが始められるのか?

ところが・・・

smabusa008

「緊張でのぼせあがる」という

珍しい北山くんの肩に手をかけて、藤ヶ谷くんが宥めました。

smabusa009

藤ヶ谷くん 「やー、もう・・・ガチガチだよ、大丈夫か?」

北山くんのピンチには、必ず救いの手をさしのべる藤ヶ谷くんのおかげで、

やっと地に足がついたような北山くんでした。

さて、なぜ北山くんが

今回の「27時間テレビMC」という大役を担うことになったのでしょうか?

番組内で、SMAPだけのフリートーク中に、その裏側が明かされました。

中居さん「『僕なんかできなくて、SMAPさんに迷惑かけるの嫌だけど、チャレンジしてみたいです』『じゃあいいよ』」

フリートーク中に突如挟み込まれたこの言葉。

北山くんがMCに決定する際の再現のようです。

中居さん「やらしてみようよ。俺、全然フォローするし。2人でやってるから、北山でいいんじゃない?」

この会話の再現から伺えるのは、

今回の「スマップBUSAIKU!?」MCは、北山くんの志願だったこと。

そして、木村さんは言いました。

木村さん「彼のくじびきだったよね、全てね。」

smabusa002

北山くんが采配をふるい、

SMAPとキスマイがフルサポートした『スマップBUSAIKU!?』

みなさん、ご覧になりましたか?

sma001

SMAPの武器は、テレビ。

キスマイの武器は?

2件のコメント

  • キスマイコ

    北山君、頑張りましたよね!
    いつもツッコミや進行が上手いのは、キスブサで皆承知してましたが、さすがにSMAP兄さんたちの前ではガチガチに。
    仕方ないですよね。
    でも、こういうときこそkis-my-ft2の団結力が光った!
    藤ヶ谷君も玉森君も、北山君の努力を知っていてくれるから励ましの言葉も行動も自然に。
    グループ全体がまとまっている証拠ですね。

    北山君はチャラいと思われますが、実は結構頑張り屋なんですよね。
    負けず嫌いだから、常にキスマイを引っ張って行こうとする気持ちが強い!
    藤ヶ谷君とシンメだったころから、二人は良い意味でのライバルであり心の友。
    玉森君が前に入っても、二人は大歓迎だったと言います。
    むしろ、二人が玉森君に言ったことは「遠慮しないで、どんどん自分を前に出していけ」でしたね!

    そんな温かな友情のGなので、下手な演出なんか要らないんです。
    仲良しアピールなんか要らないんです!
    それはお互いが知っていれば良いことだから。
    自然で入り込み過ぎないキチンと距離を取った大人の関係性。。
    きっとキスマイ皆にとって、それがGを長く上手くやっていく手段だと知っているんですよね。

    • りーさん(キスマイなう!管理人)

      キスマイコさん、こんにちは!
      いつもコメントありがとうございます。
      今年の27時間テレビは、ライブの合間を縫って、東京と大阪行き来しての早朝ゲスト参加でしたから、キスマイとしては体力的にも精神的にも厳しい数日だったと思います。
      レギュラー収録、ライブトーク構成などと同時進行で、今回の生放送の構成にも参加した北山くんのファイティングスピリッツ、さすが「中居世代を超える人」と名指しされただけのことはあります。
      プレッシャーを、自分を育てる糧として喜んで受ける。
      北山くんの顔と名前、27時間テレビを観ていた皆さんが記憶したろうなと思うと嬉しいですね!
      木村くんと正面決戦しなければならない異常な状況の中、それでも中居くんと戦ってる最中の北山くんの援護に回ろうとする藤ヶ谷くん、さすがの男気、かっこよかったです。
      またコメントお待ちしております。

コメントを残す