美男ですね 玉森 藤ヶ谷 奇跡の4角関係をBlu-rayでもう一度


美男ですね 玉森 藤ヶ谷 奇跡の4角関係をBlu-rayでもう一度

orista002

いまやブッキング不可能の豪華キャスト!『美男ですね』

ビジュアル最高のA.N.JELLをBlu-ray高画質で観ましょう!


「待望のBlu-ray化」とは、まさにこのこと!

『美男ですね』がBlu-ray BOXにて発売されました。

B20Sb9iCQAISdE8

憎しみと闇、空虚だった心に、少しずつ沁みこむ柔らかな気持ち。

00

優れた音楽性とビジュアルで、人気爆発中のアイドルユニットバンド

『A.N.JELL』

B7qp1okCIAAyjoH

 

ある日突然、女の子のような男の子が加入しました。

orista002

気軽な男同士の関係。

自分の半径1メートルと音楽にしか興味がない、

排他的な性格だった、リーダー廉。

でも、女の子のような男の子、軟弱で適当な美男の尻拭いをするうちに、

人間の心が持つ温かさ、自分の弱さに少しづつ気付いていきます。

syu001

ゴール前の最後のボールをどっちに蹴るか、

その決定権はいつも、廉にゆだねていた柊。

波乱を好まない柊の目の前で、トラブルを繰り返す美男。

さまざまな表情を惜しげもなく見せる美男に目を奪われ、

ボールを渡せ、と迫る廉に、ついにNOを突きつけました。

B74hRiuCcAAMpEi

『A.N.JELL』が好き。ファンが、スタッフが、みんなが好き。

でも、蝶が花に誘われるように、

勇気は美男が好きになってしまいました。

男でも女でも、笑ってても悩んでても、そんな美男が好きだから、

美男の一番のファンは、いつだって勇気なのです。

 

saibancho005

 

恋愛には障害は付き物。

しかし、障害物として登場する超絶アイドルNANAすら、

恋の苦しさに泣いていました。

 

 

ren001

玉森裕太、瀧本美織、藤ヶ谷太輔、八乙女光(Hey! Say! JUMP)。

いまやブッキング不可能な豪華キャストで結成された、

『A.N.JELL』の織り成す恋物語。

ハイクオリティなビジュアルにて

たっぷり浸ってくださいね!

豪華メイキング映像もチェックできますよ♪

2件のコメント

  • キスマイコ

    りーさん、ブルーレイは買いですか!?
    既にDVD-BOXを持っているので迷っております!w
    でも、あの名作が画像もハイクオリティーになって復活とは。
    買うしかない…ですよね!w

    玉森くんの主演代表作です!
    廉という役で、どれだけ多くの日本女性の心を鷲づかみしたか…。
    自分のモテることすら未だ気づいていない玉森くん。
    モテ男と坂上さんに言われてもポカーンとするくらい。w

    そうです。
    玉森くんは俳優、福士蒼太くんとか、松坂桃李くん、三浦春馬くん、などのような口数の少ないが頭の切れる色白背の高いイケメン軍団の仲間と言っても過言ではありません。
    やはり彼らはモテることなど意識したことも無い素朴なイケメンさんたち。
    だから、モテるのですね!w
    モテようとしないから、モテるのを知らないからモテるのです!ww

    もしカッコつけてモテようとしたり、女性に必要以上に近づけるチャライケメンだったら、モテないでしょう!ww
    そうなったら、マ○ケルさんや某元サッカー選手さんのようになってすぐわかりますよね!
    女性に声など掛けたことがないから、モテるんですよ!w
    そんじょそこらの女性と付き合ったりする軽い男じゃないからモテるんです!(ここ強調!)

    そういう俳優気質の玉森くん、なのに硬くて真面目。硬派で純情ならモテてても安心ですよね!ファンの皆も、玉森くんがモテそうだからと心配しないでね!
    彼の女性の理想像って高いんですよ!wだから、そこいらの男とは一緒にしないでくださいね!w(ファンの強気w)
    まあ、彼好みの清楚で育ちの良いお嬢さんで、筋トレなど常に努力していて、明るく大口で笑って、スポーツも上品な作法も出来るお嬢さんと来たら、一般人は叶いません!それは女神か天女でしょうか?ww
    頑張りましょー!ww

    • りーさん(キスマイなう!管理人)

      キスマイコさん、こんにちは!
      いつもコメント、ありがとうございます。

      『美男ですね』日本版おすすめポイントと思っているのは、

      玉森くんの「廉」は、圧倒的強さではなく、ガラスのような脆さが印象的でした。

      芸能界での強い立場、求められるレベルというのがあって、それに相応しい強さを持たなければならないと振舞う廉の、内側の脆さを、優しく拾い上げて、拙いながらも懸命に演じていたな、と思います。

      号泣、ではなく、いつのまにかホロリと涙が頬を伝うようなドラマでしたね。

      男の包容力の部分は、藤ヶ谷くんの柊さんが細やかな表情で編み上げていて、まさに二人三脚で主人公を作り上げていたな、と思います。

      せっかくなら、「美男」は高画質でチェックしましょうよ!

      またコメントお待ちしております。

コメントを残す