北山宏光 家族狩り ケイトク☆鈴木渓徳とはどんなキャラクター?


北山宏光 家族狩り ケイトク☆鈴木渓徳とはどんなキャラクター?

keitoku002

 

天童荒太原作『家族狩り』北山宏光くんが演じる鈴木渓徳


彼は、天童さんの実体験から登場したキャラクターでした。

北山宏光くん、夏ドラマ出演おめでとうございます!

keitoku003

 

北山くんの存在感、演技力が評価されて、

7月から始まる『家族狩り』への出演がオファーされたそうです。

『ATARU』『安堂ロイド』の植田プロデューサー率いる

制作スタッフ陣の自信が漲っている『家族狩り』のキャスティング。

中でも、北山宏光くん演じる『鈴木渓徳』は、

今回のドラマでは原作をベースにして大幅な肉付けがなされた、

読者からも原作者である天童さんからも愛されているキャラクターです。

keitoku001

 

天童さんは、新潮社に寄せた手記で語りました。

自分の仕事部屋の特殊な照明システムが壊れてしまい、

修理をお願いした時、

メンテナンス会社が持ってきたはしごが小さくて天上まで足りず、

仕方なくその小さなはしごを縛って繋げ長くした。

グラグラして危険なハシゴの一番上まで登って、

平然と照明システムの修理をした電気工事職人がいた。

回りにいるスーツ姿の人々が手伝いもせずに

電話で仕事の話をしている中、

金髪で小柄な彼は、ひとり黙々と一番危険な仕事をしていた。

そのガラの悪く見えて誠実な小柄の電気職人が、

鈴木渓徳のモデルとなった人物だそうです。

天童さんの原作では、

物語の後半から登場する「ケイトク」ですが、

小説発売後も、「ケイトク」というキャラクターの人気は根強く、

天童さんにとってもお気に入りのキャラとなりました。

keitoku002

 

『家族狩り』の撮影は、一ヶ月前から進んでいるそうです。

北山くん演じる「ケイトク」の存在感は、撮影現場における

「ひだまりのようだ」

と評価されています。

不器用でガラが悪い、でも誠実な電気工事職人。

北山宏光くんがとある雑誌で、

「仕事で一緒になった生後間もない赤ちゃん。白目が綺麗で、存在自体が純粋で、泣きそうになった。」

と語っていました。

『家族狩り』の主題歌は、

宇多田ヒカルさんが歌う「I Love You」(尾崎豊のカバー)。

家族を守る北山くんのドラマ、楽しみですね。

コメントを残す